Follow me Instagram

婦人科形成(女性器形成)

婦人科形成(女性器形成) 婦人科形成(女性器形成)

当院のこだわり婦人科形成とは、クリトリス(陰核)や小陰唇・大陰唇、副皮(小陰唇と大陰唇の間に位置する皮膚)といった女性器に対する形成治療(主に形成手術)のことを指します。
女性器は、身体の他の器官と同様に、人によってさまざまな大きさ・形・色をしています。「皆違うから気にしなくていい」という意見は、ひとつの側面から見れば正しいものの、ある人にとってはどうしようもなく悩ましい問題です。そして、そういった悩みは非常にデリケートであり気軽に相談できないため、ご本人は「自分だけが悩んでいる」ように感じてしまいます。
しかし実際には、ご自身で見た時、あるいはパートナーに見られる時、温泉・銭湯に入る時などに、ひどく辛い想いをしている方は少なくありません。ご自身の女性器の形態に対する不安から、パートナーをつくることに抵抗があるという方もいらっしゃいます。また、形態の問題が、機能の問題を生み出すこともあります(擦れて痛い、尿が飛び散る等)。
当院では、女性器を機能的・形態的に熟知した形成外科専門医である院長が、患者様の身体と心に寄り添いながら、丁寧なカウンセリング・手術・アフターフォローを行っております。女性器の機能や形態についてお悩みのある方は、ぜひ一度、当院にご相談ください。

当院のこだわり

01 形成外科専門医がカウンセリングからアフターフォローまでを担当

日本形成外科学会専門医である女性医師当院院長は、日本形成外科学会専門医である女性医師です。最初のカウンセリングから手術、そしてアフターフォローまでを一貫して担当し、患者様の身体と心に寄り添います。

02 自然な仕上がりを大切にした治療

機能を改善するのは当然ですが、形成外科専門医として、審美面でも「自然な仕上がり」に重点を置いた治療を行います。患者様の細かなご希望にも、しっかりとお応えします。

03 痛みの少ない手術

女性器は、痛みに敏感です。当院では、丁寧なカウンセリングにより治療への理解を深めていくこと、信頼していただくことでリラックスしていただいた上で、笑気麻酔や麻酔クリーム、局所麻酔を併用した手術を行い、痛みを最小限に抑えられるよう努めています。
どうしても痛みが心配、恐怖心が強いという場合には、静脈麻酔を使用することも可能です。

04 手術後の経過観察を含めたトータルでのサポート

手術は手段であり、目的ではありません。「女性器の形態への不安を解消し快適に毎日を過ごす」ことを確実に実現するため、手術の1カ月後の検診には必ずお越しいただいております。もちろん、それ以外のタイミングであっても、心配なことがある場合にはすぐにご連絡ください。

05 プライバシー保護の徹底

個人情報は厳重に管理いたします。
また、診察室・処置室に他の患者様が入ってくる、治療内容が他の患者様に知られるということはございません。

部位・治療名・Q&Aから探す

婦人科形成以下の『部位』『治療名』『Q&A』をクリックしていただくと、
その器官や手術の詳細などにジャンプしていただけます。

Q&A

女性器の形

女性器の形が気になります

  • 副皮
  • 小陰唇
  • 大陰唇

女性器の内側のヒダが大きい気がします・はみ出しています

  • 小陰唇縮小

女性器の全体や一部が、左右非対称になっています

  • 副皮切除
  • 小陰唇縮小

クリトリスの皮がたるんでいます

  • クリトリス包茎・縮小術

女性器の色・臭い・痛み

女性器の色や臭いが気になります

  • 小陰唇縮小
  • 副皮切除
  • クリトリス包茎・縮小術
  • 大陰唇縮小

女性器の内側のヒダが擦れて痛いです

  • 小陰唇縮小
  • 小副皮切除

クリトリスの皮に汚れがたまってしまいます

  • クリトリス包茎・縮小術

排尿時、ヒダに当たって尿が飛び散ります

  • 小陰唇縮小
  • 副皮切除

性行為(SEX)中の痛み・感度

感度が良くなく、満足に達しません

  • クリトリス包茎・縮小術

内側のヒダが擦れたり巻き込まれたりして痛いです

  • 小陰唇縮小

大陰唇縮小

大陰唇縮小とは

大陰唇、たるみとははたるみとりとは大陰唇(だいいんしん)とは、小陰唇の外側にある脂肪の膨らみのことです。内側にあるクリトリスや尿道口などを刺激から守る役割を担っています。
大陰唇の大きさや膨らみ方には個人差がありますが、大きすぎたりたるんだりしている場合には、見た目の問題や肌荒れ、汚れ・においの原因になることがあります。また大陰唇は、加齢や出産などによって肥大したり、黒ずみが目立ちやすくなったりすることがあります。
当院では、大陰唇を部分的に切除することで大きさ・形を整える「大陰唇縮小(術)」という手術を行っています。

どんなお悩みの方に適している?

  • 大陰唇の黒ずみ、シワが気になる
  • 若々しい女性器を取り戻したい
  • 汚れ・においが気になる
  • 脱毛をしたら大陰唇が思いのほか目立つ

治療法

大陰唇の治療では、大陰唇縮小という手術を行います。
大陰唇のたるみ・しわが目立つ部分を切除し、縫合する手術です。左右差に十分に配慮しながら、自然な仕上がりを目指します。なお、傷痕が目立たないように切開する部位を配慮します。

流れ

大陰唇縮小の基本的な流れをご紹介します。

1ご予約

まずはWEB予約またはLINE予約をお済ませください。

2カウンセリング(デザインの確認と手術日の予約)

院長である女性医師がカウンセリングを行います。見た目の問題だけでなく、においや汚れ、性行為時の不満など、機能的な問題についても、詳しくお聞かせください。この日に、手術日を決定します。
(遠方の方やお仕事のご都合がつかない方は、当日手術も可能です。※要予約)

3手術

3-1. 麻酔

笑気麻酔もしくは静脈麻酔下に、表面麻酔、注射による局所麻酔を行います。

3-2. 切除

麻酔が十分に効いていることを確認した上で、デザイン通りに包皮を切除します。

3-3. 切除部位の縫合

切除した部位を、丁寧に縫い合わせます。溶ける糸を使用しますので、基本的に抜糸は不要です。

4アフターフォロー

手術から1カ月後を目安に検診にお越しいただきます。検診の費用は手術料金に含まれていますので、検診日には基本的に費用は発生しません。
それ以外のタイミングであっても、何か異常を感じた場合には、当院にご連絡ください。

大陰唇縮小のデメリット・副作用

大陰唇縮小のデメリットや副作用をご紹介します。

  • 手術後1~2週間は、ジワジワとした出血が続くことがあるため、ナプキンを使用してください。
  • 左右のバランスには十分に配慮して手術を行いますが、100%左右対称にはなりません。予めご了承ください。
  • 手術によって細かな知覚神経が損傷するため、一時的に感覚が低下しますが、時間の経過とともに改善します。
  • ごく稀に、感染・化膿・内出血を起こすことがあります。異常を感じた時には、すぐにご連絡ください。
  • 手術によって小さくした大陰唇を元の状態に戻すことは困難です。カウンセリングでは、ご遠慮なく、十分にご要望をお伝えください。

大陰唇縮小の概要・ダウンタイム・注意点

大陰唇縮小の概要やダウンタイム、注意点などについてご説明します。

施術時間 30分
痛み・腫れ・傷あと 痛み、腫れは2日~1週間程度続く
傷あとはほとんど残らない
ダウンタイム 手術から1週間〜1ヶ月(個人差ございます)
お風呂や入浴 シャワーは翌日から、入浴は1週間後から再開可能
性交渉 約1ヶ月後から可能

注意点

  • 妊娠中、授乳中の方は手術を受けることができません。
  • 服用している薬がある場合は、事前にお申し出ください。
  • 手術当日は、車・バイクでのご来院はお控えください。
  • 手術前、コンタクトレンズを外していただきます。コンタクトレンズを装用している方は、眼鏡をご持参ください。
  • 術後2週間ほどは、激しい運動、入浴はお控えください。血流が良くなり、腫れがひどくなるおそれがあります。

料金

※すべて局所麻酔代込みの価格です。

  価格
大陰唇たるみとり(両側) 396,000円
半額モニター価格 198,000円

※すべて税込価格です。

※抜糸のときのお痛みをなくすため、当院ではすべて『ワンデー』で施術が完了する『抜糸のいらない縫い方』で、『直後からキレイな傷』です。お痛みを軽減し、通院回数を少なくすることで患者様へのご負担を減らしています。
※モニター様は術前、術後1ヶ月、3ヵ月後、術後6ヶ月のお写真撮影がございます。

副皮(ふくひ)切除術

副皮とは

副皮とは副皮(ふくひ)とは、小陰唇と大陰唇のあいだの前側(お腹側)にあるヒダ状の皮膚のことを指します。クリトリスの包皮や小陰唇とは異なるものであり、まったくないという方、ほとんど見えないという方もいらっしゃいます。
ただ、この副皮が大きすぎるという場合には、審美的・機能的な問題を引き起こすことがあり、その改善・解消のためには副皮切除術という手術が必要になります。

どんなお悩みの方に適している?

  • 副皮が大きく、見た目が気になる
  • 副皮の左右バランスがいびつ
  • 副皮が大きく、汚れが溜まりやすい
  • 女性器のにおいが気になる

治療法

副皮の治療では、副皮切除術という手術が行われます。
副皮を切除することで、見た目がすっきりするというだけでなく、清潔を保ちやすくなります。傷痕もほとんど残りません。

流れ

副皮切除術の基本的な流れをご紹介します。

1ご予約

まずはWEB予約またはLINE予約で、ご予約をお済ませください。

2カウンセリング(デザインの確認と手術日の予約)

院長である女性医師が、カウンセリングを行います。見た目のお悩みだけでなく、汚れ、においが気になるといったお悩みについてもお聞かせください。
患者様のご希望を踏まえ、デザインを決定します。
またこの日に、手術日を決定します。

3手術

3-1. 麻酔

笑気麻酔もしくは静脈麻酔下に、表面麻酔、注射による局所麻酔を行います。

3-2. 切除

麻酔が効いていることを確認した上で、余分な副皮を切除します。

3-3. 切除部位の縫合

溶ける糸を使って、縫い合わせます。

4アフターフォロー

手術から1カ月後を目安に検診を行います。もちろん、それ以外のタイミングであっても、何か異常があった時には当院にご連絡ください。
なお、検診の費用は手術料金に含まれています。

副皮切除のデメリットや副作用

他の治療・手術と同様に、副皮切除術にもデメリットや副作用が存在します。

術後の痛み・腫れ

術後は3日~2週間ほど、痛みや腫れが続きます。
痛みについては、痛み止めを処方いたします。

内出血

腫れがひどい場合には、内出血が生じることがございます。
内服薬を処方いたします。
※術後の痛みを軽減するため、エクスパレルという3日持続する鎮痛薬をオプションでつけることが可能 です。

しあがりについて

全体的にみてバランスの良い仕上がりを目指しますが、100%左右対称にはならない場合もございます。
予めご了承ください。

感染症

ごく稀に、傷口から細菌が入り込み、感染を起こすことがあります。
ひどく腫れている時、白い膿が出たという時には、すぐに当院にご連絡ください。

副皮切除の概要・ダウンタイム・注意点

施術時間 約30分
痛み・腫れ・傷あと 痛み、腫れは3日~2週間程度続く
傷あとはほとんど残らない
ダウンタイム 手術から1週間〜1ヶ月(個人差ございます)
お風呂や入浴 シャワーは翌日から、入浴は1週間後から再開可能
性行為 約1ヶ月後から可能

注意点

  • 妊娠中、授乳中の方は手術を受けられません。
  • 現在、服用している薬がある方は、事前にお申し出ください。
  • 手術当日は、車・バイクでのご来院はお控えください。
  • 手術前、コンタクトレンズを外していただきます。コンタクトレンズを装用している方は、眼鏡をお持ちください。
  • 術後2週間ほどは、激しい運動、のぼせるような入浴はお控えください。血流が良くなり、腫れがひどくなるおそれがあります。

料金

※すべて局所麻酔代込みの価格です。

  価格
副皮切除(片側) 132,000円
半額モニター価格 66,000円
副皮切除(両側) 264,000円
半額モニター価格 132,000円

※すべて税込価格です。

※抜糸のときのお痛みをなくすため、当院ではすべて『ワンデー』で施術が完了する『抜糸のいらない縫い方』で、『直後からキレイな傷』です。お痛みを軽減し、通院回数を少なくすることで患者様へのご負担を減らしています。
※モニター様は術前、術後1ヶ月、3ヵ月後、術後6ヶ月のお写真撮影がございます。

クリトリス包茎・縮小術

クリトリス包茎とは

クリトリス包茎とはクリトリス(陰核)は、通常その2分の1か3分の2くらいが包皮に包まれており、性的興奮によって露出範囲が増えます。
クリトリス包茎とは、普段からクリトリスが包皮に大きく覆われていたり、刺激や性的興奮が生じた時にも十分に露出しない状態を指します。
見た目の問題だけでなく、機能的な問題も伴います。

どんなお悩みの方に適している?

  • 性行為の際に十分に露出せず、十分に満足できない
  • いつも包皮にほとんど包まれており、感度が低い
  • 包皮が大きすぎるような気がする
  • 包皮の中に汚れが溜まりやすい
  • 陰部のにおいが気になる
  • 性行為の際に包皮が擦れて痛みがある

小陰唇縮小・副皮切除が適していることも

クリトリス包茎の治療では、包皮の縮小術を行うのが一般的です。しかし、包皮とつながる副皮の肥大によるものも存在します。副皮肥大を原因とするクリトリス包茎の場合には、副皮切除・小陰唇縮小という手術を同時に検討する必要があります。

治療法

クリトリス包茎に対する治療では、包皮の縮小術を行います。
クリトリスが2分の1ほど露出するように包皮を切除し、縫合する手術です。縫合糸には溶ける糸を使用するため、通常抜糸は不要です。
表面麻酔と注射による局所麻酔でお痛みに配慮します。手術時間の目安は、約30分です。

流れ

基本的な流れをご紹介します。

1ご予約

まずはWEB予約またはLINE予約をお済ませください。

2カウンセリング(デザインの確認と手術日の予約)

院長である女性医師がカウンセリングを行います。見た目の問題だけでなく、においや汚れ、性行為時の不満など、機能的な問題についても、詳しくお聞かせください。この日に、手術日を決定します。
(遠方の方やお仕事のご都合がつかない方は、当日手術も可能です。※要予約)

3手術

3-1. 麻酔

笑気麻酔もしくは静脈麻酔下に、表面麻酔、注射による局所麻酔を行います。

3-2. 切除

麻酔が十分に効いていることを確認した上で、デザイン通りに包皮を切除します。

3-3. 切除部位の縫合

切除した部位を、丁寧に縫い合わせます。溶ける糸を使用しますので、基本的に抜糸は不要です。

4アフターフォロー

手術から1カ月後を目安に検診にお越しいただきます。検診の費用は手術料金に含まれていますので、検診日には基本的に費用は発生しません。
それ以外のタイミングであっても、何か異常を感じた場合には、当院にご連絡ください。

クリトリス包茎の手術のデメリットや副作用

他の治療・手術と同じように、デメリットや副作用が存在します。

術後の痛み・腫れ

術後は2日~1週間ほど痛み・腫れが生じます。
痛みについては、痛み止めの飲み薬を処方いたします。
※術後の痛みを軽減するため、エクスパレルという3日持続する鎮痛薬をオプションでつけることが可能です。

しあがりについて

全体的にみてバランスの良い仕上がりを目指しますが、100%左右対称にはならない場合もございます。
予めご了承ください。

出血・血腫・腫れ・感染・創部離開など

ごく稀に、出血・血腫ができる場合がございます。また傷口から細菌が入り込み、感染症を起こすことがあります。生理中のような出血が続く、膿が出た、傷が開いているなどの症状のある場合には、早めにクリニックにご連絡ください。

クリトリス包茎・縮小術の概要・ダウンタイム・注意点

施術時間 30分
痛み・腫れ・傷あと 痛み、腫れは2日~1週間程度続く
傷あとはほとんど残らない
ダウンタイム 手術から1週間〜1ヶ月(個人差ございます)
お風呂や入浴 シャワーは翌日から、入浴は1週間後から再開可能
性交渉 約1ヶ月後から可能

注意点

  • 妊娠中、授乳中の方は手術を受けられません。
  • 服用中の薬がある方は、事前にお申し出ください。
  • 手術当日は、車・バイクでのご来院はお控えください。
  • 手術前には、コンタクトレンズを外していただきます。コンタクトレンズを装用している方は、眼鏡をお持ちください。
  • 術後1週間ほどは、激しい運動、のぼせるような入浴はお控えください。血流が良くなり、腫れが悪化するおそれがあります。

料金

※すべて局所麻酔代込みの価格です。

  価格
クリトリス包茎 132,000円
半額モニター価格 66,000円

※すべて税込価格です。

※抜糸のときのお痛みをなくすため、当院ではすべて『ワンデー』で施術が完了する『抜糸のいらない縫い方』で、『直後からキレイな傷』です。お痛みを軽減し、通院回数を少なくすることで患者様へのご負担を減らしています。
※モニター様は術前、術後1ヶ月、3ヵ月後、術後6ヶ月のお写真撮影がございます。

施術を受けた患者様のお声

患者様のお声①
患者様のお声①
患者様のお声②
患者様のお声②
患者様のお声③
患者様のお声③
患者様のお声④
患者様のお声④
患者様のお声⑤
患者様のお声⑤
患者様のお声⑥
患者様のお声⑥
患者様のお声⑦
患者様のお声⑦
患者様のお声⑧
患者様のお声⑧
患者様のお声⑨
患者様のお声⑨
患者様のお声⑩
患者様のお声⑧